プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

コロナで先が見えません。プレミアも私たちも。

www.nikkei.com まぁ、リンクを張るまでもない短い記事ですが…。 4月末まで延期となりました。 Jリーグは降格なしと決まりましたし、各国リーグも優勝無し等になるかもしれませんね。特にイタリアは心配です。このままシーズン無かったことになるのでは。 イ…

リバポはあと2勝で優勝確定との由。

コロナウイルスの影響でどうなるかはまだ分かりませんが、まだ2勝しないと確定しないようです。へ~。勝ち点3って想像以上に価値がデカい感じだな。 www.goal.com で、そのコロナですが: web.gekisaka.jp 試合中は唾を吐いたりするので、握手しても大丈夫か…

第29節:レスター 4 - 0 アストン・ヴィラ【バーディ復活!】

バーディは12/21以来の得点じゃないですかね? いま過去のスタッツずーっと遡った限りでは、そのようです。だいぶご無沙汰していました。これでまた得点ランキング単独首位返り咲き。 とはいえ、彼の1得点目(チーム2点目)はPKでしたが…。 2点目もこぼれ球…

第29節:マンチェスター・ユナイテッド 2 - 0 マンチェスター・シティ【空中殺法】

「reverse fixture」でもタイトルが長くなり困ってた(SEO的にも良くない) のは12/7の第16節でした。このカード、「まんうVSシティ」とか書いたら、短く済むんだけどなw(その試合ではユナイテッドが2-1で勝利。) 伝統のマンチェスターダービー。今シーズ…

第29節:チェルシー 4 - 0 エヴァートン【ペドロ&ウィリアンが1G1A】

前節からアンドレ・ゴメスが先発復帰。 リシャルリソンはずっと好調なのでこれからかな、という感じのエヴァートンですが、今節はチェルシーに大敗してしまいました。 チェルシーはジルーのポストが効いてるんでしょうかね。 流れるような得点シーンばかりで…

第29節:バーンリー 1 - 1 トテナム【ウッド兄貴のゴンゴール】

バーンリーはセンタリングの跳ね返りを、19番ジェイ・ロドリゲスがペナ左角の外から迷いなくダイレクトで振りぬく。これがGKのセーブに遭うもファンブルを誘い、詰めたのはウッド兄貴。 おーっ。久しぶりの感じ。 ウッド兄貴はヘディングで叩き込んだり、ま…

第29節:ウルヴス 0 - 0 ブライトン【トロちゃん2A未遂】

トロちゃん、ことトロサールが絶好のお膳立てを2回もしたのに(特に2回目のは超・決定機)、味方と合わず、または宇宙開発でスコアレスでした。 全体的にはウルヴスの方が惜しいシーンを作ってましたが。 とくに虎さんとトロサールのマッチアップ(後半)は…

第29節:サウザンプトン 0 - 1 ニューカッスル【驚速!サン・マクシマン】

前半26分にVAR判定で悪質ファールの咎にてムサ・ジェネポ退場。 スローで見る限り、悪意はなさそうだが、グキッと思いっきり脛を踏んづけている。相手の14番ヘイデンはすわ、骨折か! と思いましたが、その後も後半34分までプレイしてます。おそらく、大丈夫…

第29節:シェフィールドU 1 - 0 ノリッジ【シャープなセンタリング&ヘッド弾】

ヘンダーソンとクルルのGK対決といった試合。両者好セーブを連発しましたが、とりわけ、ほぼゴールライン上の大危機を、連続スーパーセーブで救ったヘンダーソンに軍配。 決勝点のところ、ノリッジの左サイドですが3対3なのにDFが寄せきれてなく、素晴らしい…

第29節:クリスタル・パレス 1 - 0 ワトフォード【アイェウ斬鉄剣】

前節リバポに土を付けたワトフォードでしたが、もう負けたのか…。 という思いでハイライト見たら、けっこう善戦してました。相変わらずディーニーが好調な印象。この選手も肩幅凄い! 虎さんと対決して欲しいくらいだ。 決勝点はアイェウ。ゴール前で詰まっ…

第29節:アーセナル 1 - 0 ウェストハム【微妙なデフレクトから決勝点】

後半11分、左からのクロスがこぼれたところにアントニオのヘッド。絶体絶命でしたがGKベルント・レノが凄い反応でセーブ。 で、試合も押し詰まった後半33分。 オーバのシュート性のキックがウェストハムDFの足に当たり、ロビングとなる。このこぼれをラカゼ…

第29節:リヴァプール 2 - 1 ボーンマウス【ファン・ダイクのインターセプト】

リーグ前節とFAカップ(対チェルシー)と、立て続けに2連敗してバイオリズム低下のリバポ。さすがにチームも生き物といった感じでしょうか。 この試合でも明らかなファールを取ってもらえず、前半9分に早くも失点してしまいます。シュートフェイントのように…

第28節:トテナム 2 - 3 ウルヴス【ヒメネス冷静にトドメ】

先制弾、同点弾はいずれもこぼれ球からプッシュ。 スパーズ勝ち越し弾のオーリエもなかなかのミドルですが、そこからのウルヴス2得点は注目です。 まずは再度の同点弾(後半12分)。虎さん(トラオレ)が相手39番タンガンガにほぼ反則まがいでチャージを受け…

第28節:エヴァートン 1 - 1 マンチェスター・ユナイテッド【縦回転ミドル!】

鉄壁だった印象のデ・ヘアですが、このところやらかしが多い印象があります。どうなんでしょうか。 DCLさんに前半3分と早々にプレゼントゴール差し上げちゃってます。あんなに見事にヒールに当たりますかねw 同点弾はブルーノ・フェルナンデス。ポルトガル…

【公式記事】サール2得点1アシストについて。

リバポを一敗地に塗れさせたサールについて、公式記事が褒めています。 www.premierleague.com 英語表現をここでもゲットしておきましょうか。 ●まずはタイトルの「Sarr stars」 star には動詞もあります。輝く=主役を演じる。そういや、「starring XX(名…