プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

2019-10-04から1日間の記事一覧

■雨中の死闘■第7節:マンチェスター・ユナイテッド 1 - 1 アーセナル【ポグバ・アイスクリーム】

怪我から復帰のポグバだが… ポグバは足首の怪我とかで、第4節以降の2節をお休み。で、今節復帰したら、頭の一部がピンク色のアイスクリームみたいになってました。これ、TV番組の企画とかですか?(笑) ま、ロナウドのおにぎりヘアーでW杯優勝とかもあるし…

第7節:レスター 5 - 0 ニューカッスル【ンディディ芸術弾】

レスターの攻撃陣が大爆発! 縦に物凄く速い。グループで迷いなくゴールへと突っ込んでいき、ニューカッスルを粉砕した…そんな試合。 先制点のリカルド・ペレイラは高速ドリブルで30mとかは余裕で走ってきた感じだ。雨のグラウンドのようだったが、そのまま…

第7節:エヴァートン 1 - 3 マンチェスター・シティ【マフレズ裏街道!】

デブ神お得意のセンタリング 前半【50秒】でエヴァートンのウォルコットが頭部に死球(←野球じゃないが…)を受けて交代を余儀なくされる。波瀾の幕開け。 試合を通じて大活躍したのがシティのマフレズと、GKエデルソン。 1点目はマフレズが自陣右サイドから…

第7節:ウルヴス 2 - 0 ワトフォード【新星ネトが輝く】

ポルトガル国籍の19歳 下位同士の一戦。後半12分の最初のカードで交代になってしまいましたが、19歳のネトが輝きました。 ペドロ・ネト - Wikipedia 前半、点には繋がりませんでしたが右サイドを持ち上がって跨ぎフェイントからグッと縦に抜ける推進力、そし…

第7節:トテナム 2 - 1 サウザンプトン【ロリス自作自演】

相変わらずソン・フンミン 前半24分の先制点は、右サイドからエリクセンがハリー・ケインを狙ってセンタリングを入れたところから。DFのヘッドで流れ、ファーのペナ内左で待ち構えていたソン・フンミンのもとへ。 ぴたりと足元にストップ。対面してきたDFを…

第7節:クリスタル・パレス 2 - 0 ノリッジ【ザハ、躍動】

巧みなワンビートでDFを剥がす! パレスの2点は、共にザハのお膳立てによる。他のシーン、とりわけ後半のファーから突っ込んできて強烈ヘッド(惜しくも枠の上)などでも目立ってました。 1点目は前半21分、右サイドペナ内からのザハの切り返しから中央に繋…