プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

2019-10-08から1日間の記事一覧

第8節:サウザンプトン 1 - 4 チェルシー【6人を切り裂くヴァレリー】

吉田麻也先発、ライン上でスーパークリアも…。 前半17分のチェルシー先制点は、サウザンプトンからしたら大変もったいない。全体が前に掛かったちょうどその時に悪い取られ方をして、即、前方へロブを出されてしまいました。 吉田がいちおう、エイブラハムに…

■大金星■第8節:マンチェスター・シティ 0 - 2 ウルヴス【虎のふた噛み!】

40年ぶりの大金星! ゲーッ! ウルヴスは1部リーグの敵地でシティを撃破したのが40年ぶりなんだそうだ。オオカミさん、おめでとう! 賭けの倍率どのくらいだったんでしょうか。ずいぶん稼いだ人がいるかも知れません。 前半はシティがバタバタ。1回はDFの陣…

【実況分析】第8節:アーセナル 1 - 0 ボーンマウス【サカ様で上り坂】

さて、思い立ったら実況分析! お久しぶりです(笑) youtu.be 冒頭、オーバメヤン師匠が遠目から打ったシーン。 Ohhh! but [he] goes himself and so close to the opener! opener は言うまでもなく先制点のことですね。 はい、そして本当の先制点のシーン…