プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

2019-12-28から1日間の記事一覧

■胸アツ■第19節:ウルヴス 3 - 2 マンチェスター・シティ【10人で2点取ったが…】

虎さん1G1A!!!! 何が胸アツって、「虎、俺。」さんの「脚を振り切るシュート」でゴールゲットしたシーンですな(2点取られた後の、追撃の狼煙弾になります)。 同点弾も、虎さんの強引なボール奪取でほぼ決まった感じ。 前半11分でGK退場。 試合の流れとして…

■首位決戦■第19節:レスター 0 - 4 リヴァプール【リバポ宇宙レベル】

首位決戦なのだが、差のついた状態での首位決戦。しかして、結果も大差がついてしまい、もうタイトルレースは前半19節でほぼ確定と言っていいでしょう。おめでとうリバポ。昨年度の雪辱となりましたね。 もはや宇宙レベルのチームと言えるでしょう。 中でも…

第19節:マンチェスター・ユナイテッド 4 - 1 ニューカッスル【新城さん、ミスだらけ】

ニューカッスルって書くと長いので、とっさに「新城さん」になってしまいましたw 幸先よく先制したのに、「俺を本気にさせてしまったな」で4点かよ…と思ってみていたら、マンUの4点中、2点がニューカッスルの完全なるミスじゃないか…。3点目も選手が倒れて…

第19節:シェフィールドU 1 - 1 ワトフォード【好調デウロフェウで勝ち点1】

スタッツ見るとやっぱりシェフィールドがポゼッション58%、シュート数は16-5と圧倒していました。 枠内シュートはそれほど4-2と遜色ないので、ワトフォードは耐えてカウンターを徹底したと言えそうです。 そんななか、好調デウロフェウが抜け出してペナ右側…

第19節:エヴァートン 1 - 0 バーンリー【キャルバート・ルーウィンのヘッド一刺し】

エヴァートンはアンチェロッティが監督就任。これが新体制の初陣。 www.footballchannel.jp 試合の方は、バーンリーが得意のセットプレイでウッド兄貴にボールを渡そうとチームプレイ(かなり練習してそうだ)をするも、若干読まれていた感じで、不発。 エヴ…

■これも2点目必見!!■第19節:クリスタル・パレス 2 - 1 ウェストハム【アイェウのルーレット&ダブルタッチ弾!!】

試合は後半動く。ウェストハムの先制点は30番マイケル・アントニオのスルーパスが絶妙。スノッドグラスが左足で軽い巻き巻きをゴールに突き刺す。 同点弾はパレスの左からのクロスに対し、ウェストハムDFが2枚も行ってしまったことが原因か。アイェウにヘッ…

■2点目必見■第19節:チェルシー 0 - 2 サウザンプトン【牛若丸アームストロング!】

予想に反してアウェイのセインツが勝利。2点目が凄いのですが、1点目も目が覚めるようなシュートなのです。 前半31分、右サイド、タッチライン際のホイビュルク(デンマーク代表)からの強い縦パスを受けたオバフェミ(この人はナイジェリア移民だがアイルラ…

第19節:アストン・ヴィラ 1 - 0 ノリッジ【グリちゃん華麗アシスト!】

最初のチャンスをプッキ師匠が決めていればなぁ! トーキックでもいいからあのピンポイントスルーパスを蹴りこんで欲しかった。 その後も結構、ノリッジは頑張ってましたが、グリーリッシュがやはり試合を決めますな。クルルがビッグセーブで防いだけど、右…

第19節:ボーンマウス 1 - 1 アーセナル【雨で転がり込んだ同点弾】

アーセナルはユウグベリ暫定監督じゃ調子に乗れませんでしたね。予定通りなのかは分かりませんが、アルテタ監督が就任しました。 www.soccer-king.jp ホームのボーンマウスが先制。アーセナルが左サイドで繋いで来たところを奪ってショートカウンター。右の…

第19節:トテナム 2 - 1 ブライトン【いぶし銀モウラ】

劣勢のブライトンが右FKからヘッドで先制するも、後半巻き返したトテナムが逆転。 鍵となったプレイヤーはトテナムの27番ルーカス・モウラ。同点弾はひとり突破の試みから。運良いこぼれ球がハリー・ケインへ。モウラは「あれ? なんで途中でドリブル取られ…