プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

チェルシー

Chelsea

第38節:チェルシー 2 - 0 ウルヴス【諦めないジルー弾】

勝って4位、CL圏を死守! メイソン・マウントの、脚をハサミのようにスパッと閉じて フォロースルーしないFK弾がお見事。 そして、同じ前半ロスタイムに追加点。 今度は絶好調男ジルー。 一度はDFに追いつかれたのにそれを交わしての倒れこみ弾! 泥臭いけど…

■推奨■第37節:リヴァプール 5 - 3 チェルシー【曲がるアーノルド】

負けたけどプリシッチも輝く 最初の2点、ゴラッソ過ぎて目が点ですな。 ケイタのゴール、まさに稲妻。 ドライブ気味になってるし、そもそもフォロースルーの身体のバネ、あれ何なんですかw アーノルドのFKも、曲がりすぎ。 あれはGK、どうやったって取れな…

第36節:チェルシー 1 - 0 ノリッジ【ユル守備】

「CL圏確保」VS「降格決定」 今シーズン、特に前半はキャントウェル童子のプレイが好きで追っていましたが、守備のところで緩いなぁ、とは気づいてました。それを補う溌剌さに期待してたんだよね。 しかし、この試合でジルーの先制点のところも、ほぼアリバ…

第35節:シェフィールドU 3 - 0 チェルシー【夢つなぐ勝利】

快勝したがELは厳しそう。 再開後はしばらく負けが続きましたが、ようやく直近4試合で3勝1分と、お釣りの出るくらい絶好調になってきたシェフィールドU。 3点目の実況氏「and it looks as though Sheffield United had [※ここ、ちょっと不確か] to keep thei…

第34節:クリスタル・パレス 2 - 3 チェルシー【ザハ・ミサイル!】

プリシッチがニアを抜く! 1点目は早くも前半6分、左サイドでケーヒルが肉離れ。 そのまま持ち込んだセンタリングを、難なくジルーが決めてチェルシー先制。 先日のPodcastで「相手が負傷してGKと1対1になったらどうするか?」という問答そのままのシーンに…

第33節:チェルシー 3 - 0 ワトフォード【後半47分サクランボ】

ジルーのファー狙い、成就。 8番バークリーの見事なスルーが通り、ジルーが先制点。 ジルーはその前にも似たようなシュートを打っており…なんて言うんですかね、「鋭角サイドキック・強目ゴロ」みたいな球です。あえて表現すればw 3点目もお見事。というか…

第32節:ウェストハム 3 - 2 チェルシー【ヤルモ兄さん復活弾!】

重量級だぜアントニオ 久しぶりに表舞台に登場(?)した感のあるヤルモレンコ兄さん。 後半44分にカウンターから中へ切り込んで、見事なシュートを沈めました! 対するチェルシー、ウィリアンのFKが凄い弾道で、思わず声が出たw あくまでハイライトだけで…

第31節:チェルシー 2 - 1 マンチェスター・シティ【デブ神FK弾も終戦】

DF陣のミス連発で終戦! シティが破れ、勝ち点差23になりました。残り7試合で最大21勝ち点をひっくり返すまでしかできないので、これでリバプール優勝! おめでとうございます。 1992年のプレミアリーグ創設からは初優勝(意外ですよね)、Top flightとして…

第30節:アストン・ヴィラ 1 - 2 チェルシー【ジルー回転弾】

「sparsely populated Villa Park」での再開戦。 前半43分、右サイドセンタリングからのこぼれをコートニー・ハウスが押し込んでヴィラ先制。 しかし後半、右サイドアスピリクエタからの「super ball!」を、自粛期間にすっかり大人びたプリシッチが押し込ん…

第29節:チェルシー 4 - 0 エヴァートン【ペドロ&ウィリアンが1G1A】

前節からアンドレ・ゴメスが先発復帰。 リシャルリソンはずっと好調なのでこれからかな、という感じのエヴァートンですが、今節はチェルシーに大敗してしまいました。 チェルシーはジルーのポストが効いてるんでしょうかね。 流れるような得点シーンばかりで…

■崩し見事■第28節:ボーンマウス 2 - 2 チェルシー【ステイシーの我慢!】

いやー。面白い展開の試合ですね。 チェルシーのM・アロンソは前節(1得点=決勝点)に続いて、これで2戦連続3得点です。 いまスタッツで調べたら、M・アロンソは4バックの左サイドじゃなくて、3-4-2-1の左MFだったんですね。イメージ内で勘違いしてました。…

■必見■第27節:チェルシー 2 - 1 トテナム【凄い2G】

この試合はチェルシーの2ゴールともスペクタクルですね! ゴラッソという言葉が合うのは2点目のマルコス・アロンソ、地を這うエグゾセ弾だけれど、1点目も面白い。 先制点のジルーの抜け出しシーン、あれ両者ともアイコンタクト無しでやってるみたい! あれ…

■好試合■第26節:チェルシー 0 - 2 マンチェスター・ユナイテッド【ダブル・ワンビサカ!】

いい試合! でも(アスピリクエタのファールは明らかだと思うけど)2度のVARでゴール取り消しのチェルシーは残念でしたね。 先制点のシーンが好きです。右サイドでボールを受けたワン・ビサカ。最初をワンビート的にトラップして、ウィリアンが食いついてき…

第25節:レスター 2 - 2 チェルシー【リュディガー頭×2】

チェルシーは後半2分にCKからリュディガーのヘッドで先制。逆転された後半26分にもヘッドで叩き込み、チームを救いました。190cmのドイツ人。 今期は初先発・初出場となったGKカバジェロ(アルゼンチン・38歳!)も前半から攻守を見せていた、が…。 バーンズ…

第24節:チェルシー 2 - 2 アーセナル【D・ルイスやらかし退場】

やっぱり、ダヴィド・ルイスはやらかし系だと思うんですよね。個人攻撃する気は全くないのですが…。 2節前の第22節では、得点につながる縦パスもあり、デフレクトで失点もあり、という幸・不幸の両面があったのですが、今回は決定機阻止で一発退場、以上。 …

第23節:ニューカッスル 1 - 0 チェルシー【ロスタイム懲罰被弾】

いや~。80分のエイブラハムのチャンスは決定的でしたね。その他もいろいろありましたが、これを決めきれずに過ごしたため、最後の最後で懲罰的な被弾をしてしまいました。 左からのロング・センタリングに、競り勝ったのは14番アイザック・ヘイデン。するり…

第22節:チェルシー 3 - 0 バーンリー【エイブラハムの超高層ヘッド弾】

先制点のPKを奪取したウィリアンですが、正直、あれ微妙じゃないですか? 狙っていたのでしょうが、DFが足を出してきたときに右足が不自然に外側に捻ってるw VAR時代だと要らない小技ですな。ま、プロになる過程で勝手にマリーシアが付いていてそのままなの…

■同点弾必見■第21節:ブライトン 1 - 1 チェルシー【超絶オーバーヘッド弾!】

右CK、こぼれ球をアスピリクエタがごっつあんして2020プレミア最初のゴール。DFは無理せず、GKに任しておけばよかったのに。ま、あのタイミングだと普通に反応するか…。 しかし特筆すべきはブライトンの同点弾! 偶然にも同じ右CKから5番ダンクがヘッドで折…

第20節:アーセナル 1 - 2 チェルシー【逆を突くエイブラハムのトラップ!】

前半13分、左CKからのヘッドでのフリックを、ものすごい反射神経で予測してDFの後ろから前に出なおしたオーバメヤン師匠。ダイビングヘッド気味に飛び込んで、アーセナルが先制! 師匠も上がってきました。 しかし、もう少し耐えられれば良かったところ、GK…

■2点目必見■第19節:チェルシー 0 - 2 サウザンプトン【牛若丸アームストロング!】

予想に反してアウェイのセインツが勝利。2点目が凄いのですが、1点目も目が覚めるようなシュートなのです。 前半31分、右サイド、タッチライン際のホイビュルク(デンマーク代表)からの強い縦パスを受けたオバフェミ(この人はナイジェリア移民だがアイルラ…

第18節:トテナム 0 - 2 チェルシー【リュディガー、肋骨骨折!?】

まだリバポ(クラブW杯参加してた)とウェストハムの試合は日程が決まってないようですね。軽くググってのですが、この試合だけスケジュール出てないです。 で、この試合ですがウィリアン先制点に、「なぜスパーズのDFはぽっかり空けて、誰も行かないの?」…

■推奨w■第17節:チェルシー 0 - 1 ボーンマウス【VARで金星!】

いい意味での「VARマジック」! チェルシーの大チャンスをすべてGKラムスデールが跳ね飛ばし、迎えた後半39分。 右CKからのこぼれ球、ヘッドで繋いだ先にダン・ゴスリング。相手DF陣のオフサイドアピールをよそに、オーバーヘッド・ロブでGKを抜いてネットに…

第16節:エヴァートン 3 - 1 チェルシー【カンテ奮闘も実らず】

リシャルリソン3戦連発。 前半5分、リシャルリソンが自分で右サイドに出して、そのまま最前線までヘッドを決めに行く。先制エヴァートン。 先制されたチェルシーはカンテが2列目というか1.5列目くらいまで出てきて奮戦しますが、決定機をいずれも決めきれず…

■大推奨■第15節:チェルシー 2 - 1 アストン・ヴィラ【ヴィラの正三角形パス】

2点目、3点目が痺れる! ハイライトで見ても痺れたマーラー試合! これは推奨しておきます。 特にこの試合2点目(同点弾)のヴィラ、右サイドでグリちゃんから(たぶんノールック)縦パスを起点とする美しい正三角形のパス回し、そして最後は乗ってるトレゼ…

第14節:チェルシー 0 - 1 ウェストハム【8試合ぶりの勝利】

坂道を転がり落ちた8試合。 ウエストハムは第6節でマンUに金星を挙げてから、8試合勝ち無しできたそうな。 premier.vrenglish.tokyo 下の日程表を見ると、リーグ杯でオックスフォード・ユナイテッドに「4-0」とぼろ負けしてるし…。ちなみにオックスフォードU…

■推奨■第13節:マンチェスター・シティ 2 - 1 チェルシー【マフレズのカットイン炸裂】

リバポへの挑戦権をかけて。 今節のビッグマッチ…というような試合が最近、VAR騒動だったり、思ったより塩試合だったりしてました。 が、今節はこれ。インテンシティ―の高い好試合です。 やはり下位チームと比べると、シュートまでの淀みなさ、そしてシュー…

第12節:チェルシー 2 - 0 クリスタル・パレス【コヴァチッチ躍動】

コヴァチッチの推進力 前半の終わりくらいから生DAZNで見てました。チェルシーの17番マテオ・コヴァチッチが貢献度大という試合。左ボランチの位置からバイタルまで持ち込む推進力が凄い。 クリスタルパレスも奮闘して組織でプレスかけてるのですが、いざ攻…

第11節:ワトフォード 1 - 2 チェルシー【ジョルジーニョのWeighted Pass】

ジョルジーニョのカーブ・スルーパス! 前半5分で早くもアウェイチームが先制するわけですが、このカーブボールでのスルーが痺れるなぁ! ハイライトだと誰が出したか分からなかったのでプレミア公式の記事を見たら、 Jorginho’s perfectly weighted through…

■お薦め■第10節:バーンリー 2 - 4 チェルシー【ハットあり、ドライブゴールあり】

アメリカ代表のプリシッチ ユーベのピャニッチが移籍でもしたのかと目をゴシゴシしちゃったけれど、チェルシーのプリシッチは21歳、アメリカ代表の若手でした。ドルトムントにいた選手。この試合が初先発とな。 クリスチャン・プリシッチ - Wikipedia この選…

第9節:チェルシー 1 - 0 ニューカッスル【オドイの後ろ足トラップ!】

チェルシーのハドソン・オドイがずっと効いていて、チャンスを立て続けに作るんだけれど決められず。 ようやく後半28分にマルコス・アロンソがミドル…というにはちょっと短いか。ハドソン・オドイからの落としを、走りこんできたままダイレクトで打ち込んだ…