プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

ワトフォード

Watford

第29節:クリスタル・パレス 1 - 0 ワトフォード【アイェウ斬鉄剣】

前節リバポに土を付けたワトフォードでしたが、もう負けたのか…。 という思いでハイライト見たら、けっこう善戦してました。相変わらずディーニーが好調な印象。この選手も肩幅凄い! 虎さんと対決して欲しいくらいだ。 決勝点はアイェウ。ゴール前で詰まっ…

【公式記事】サール2得点1アシストについて。

リバポを一敗地に塗れさせたサールについて、公式記事が褒めています。 www.premierleague.com 英語表現をここでもゲットしておきましょうか。 ●まずはタイトルの「Sarr stars」 star には動詞もあります。輝く=主役を演じる。そういや、「starring XX(名…

第28節:ワトフォード 3 - 0 リヴァプール【リバポついに一敗!】

朝起きて、驚きました。 ついにリバポがリーグで敗戦!! ま、これまでが逆に異常というか、快挙だったわけですが。 (ビックリしたのでこの試合から先に…) スケジュールを見ると、確かに込み入っていますが、ある程度間隔は空いていたのがこのところの日程…

第27節:マンチェスター・ユナイテッド 3 - 0 ワトフォード【ジャンピングPK】

面白試合。 先制点はブルーノ・フェルナンデスがGKに倒され、自ら蹴るところをジャンピングPKをして決める。なんじゃこりゃw 2点目は、マルシャルのGKあざ笑いプレイも見事なのですが、明らかにオフサイドでしょう! スローで見なおしましたが、VARがなぜ発…

第26節:ブライトン 1 - 1 ワトフォード【オウンにも程があるw】

ワトフォードの先制点、さっきの試合(エヴァートンVSパレス)のリシャルリソンによるドリブル弾にめっちゃ似ている! 右足アウトで対面DFを交わして、すぐ0.5のタイミングで右足で打っているあたりがそっくり! それにしても、勝利が見え始めた矢先の、後半…

第25節:ワトフォード 2 - 3 エヴァートン【デウロフェウのストップ技術!】

2点取られたところから、ジェリー・ミナの2得点(1つはこぼれ球押し込み、1つはCKヘッド)でエヴァートンが追いつく。 その後、2枚目イエローでの退場劇があり、1人少なくなったエヴァートン。 劣勢に立たされますが、ワトフォードが攻め掛かりすぎてDFのポ…

第24節:アストン・ヴィラ 2 - 1 ワトフォード【後半50分の逆転弾】

下位同士の対決はロスタイム劇的弾でホームチームが逆転勝利。 先制点のところ、デウロフェウはやっぱ本当に巧いですね。浮き球なのにしっかり中にピンポイントセンタリングでアシスト。ディーニーが難なくヘッドで押し込んで先制。 しかし後半に入って23分…

第23節:ワトフォード 0 - 0 トテナム【後半44分からチームを救う男】

面白い箇所は2つでしたね。まずはワトフォードはディーニーのPKを、GKガッサニーガが完璧な読みでセーブしたところ。 それと今度は逆にスパーズの最大決定機をライン上で33番プッセットがセーブした場面。彼は後半44分に途中交代で入ったんですよ。時間稼ぎ…

第22節:ボーンマウス 0 - 3 ワトフォード【ボーンマウスは正月ボケかな】

予想外にもワトフォードがホームのボーンマウスを粉砕。 1点目はGKからの繋ぎのミス。2点目はDFアケが職務放棄して、戻りも遅い…。3点目はDF陣粘ったが、ペレイラの押し込みが上回る。 ということで、ボーンマウス側の正月ボケを感じざるを得ない試合でした。

第21節:ワトフォード 2 - 1 ウルヴス【デウロフェウも1G1A!!】

ヴィラのグリちゃんに続き、デウロフェウも1G1Aと新年から大活躍です。 特に先制点のバウンド&ゴロ系巻き巻きシュートは巧みでしたね。GKの手もギリギリ届きませんでした。 また、2点目のアシストは倒れこみながらも、巧みな右足をペナ内左にいたドゥクレに…

第20節:ワトフォード 3 - 0 アストン・ヴィラ【抜け目ないディーニー2得点】

なんでそれを決められないのだというのが続いた後、前半42分にディーニーがこぼれ球を詰めて、ホームチームが先制。 しかし後半12分、2枚目イエローでワトフォードの6番マリアッパは退場になってしまいます。スローで見ると、2枚目はちょっと厳しいなぁ。足…

第19節:シェフィールドU 1 - 1 ワトフォード【好調デウロフェウで勝ち点1】

スタッツ見るとやっぱりシェフィールドがポゼッション58%、シュート数は16-5と圧倒していました。 枠内シュートはそれほど4-2と遜色ないので、ワトフォードは耐えてカウンターを徹底したと言えそうです。 そんななか、好調デウロフェウが抜け出してペナ右側…

第18節:ワトフォード 2 - 0 マンチェスター・ユナイテッド【ポグバ復帰もデ・ヘア失策!】

3ヵ月ぶりに復帰(途中交代)のポグバでしたが、いい話に華を添えるところか、守護神デ・ヘアの(これもクリスマス前のボケボケ気分なのか…)痛恨の凡ミスで試合に負けてしまいました。 先制点、バウンドしてかなり縦回転がかかっていたのもあるけれど、パン…

第17節:リヴァプール 2 - 0 ワトフォード【サラー軸裏妙技2連発!】

ボールに追いついた瞬間ワンビート…。 先制点は(下のハイライトだと途中からですが)ワトフォードの左CKから。こぼれ球をDFが拾い、二次攻撃…の際、ワトフォードの戻りが遅すぎるね。4人も居残りしてしまった。 そこをDFのパスミスでひっかけられたら、マネ…

第16節:ワトフォード 0 - 0 クリスタル・パレス【塩ドロー】

塩試合のドローゲームです。 マニアだけ、ハイライトを見ればいいのかもw とはいえ、後半に左サイドからのセンタリングに対して、ワトフォードのディーニーが首輪(腕が完全に巻き付いとる!)を嚙まされてヘディング妨害されたのは明らかにVARでPKとなるべ…

第15節:レスター 2 - 0 ワトフォード【機械仕掛けのような攻撃】

レスターの追撃は終わらない。 得点にはならなかったが、レスターの前半惜しいシーンを見ていると、まるで機械仕掛けのような攻め。ワトフォードDFも苦笑いの、もう脱帽レベルだ。 ワンタッチ、フリック、スペースの創出とそこを利用する…といったことが3~4…

第14節:サウザンプトン 2 - 1 ワトフォード【下位対決はFKで決着】

セネガルの新星、初得点。 ワトフォードの21歳、サールが2回目の決定機(いずれも相手DFからのプレゼントパス)をものにし、これがプレミア初得点。 その後もFKから惜しいダイレクトボレーを打ち込んだりしてました(DFにブロックされたが、コースには飛んで…

第13節:ワトフォード 0 - 3 バーンリー【セットプレイ強者】

ウッズは足技もあるのか。 前半はホームのワトフォードが攻め立て、かなりいいシーンを作っていたのですが。 後半になるとバーンリーが得意のCKから先制点。 ファーのポスト辺りに飛ばして折り返す、という愚直かもしれない得点パターンを追求しているチーム…

【久しぶり実況分析】第12節:ノリッジ 0 - 2 ワトフォード【デウロフェウにロナウ神が降臨?】

ようやく公式のYT動画が出たのですが、ノリッジ側は約7分、勝ったワトフォードは何と12分もの超大作! さすがに短いほうかな…と動画をチェックしているうちに、ノリッジ側のマシンガン実況をついに分析したくなってきた。 まずはデウロフェウ先制点のシーン…

第12節:ノリッジ 0 - 2 ワトフォード【デウロフェウにロナウ神が降臨?】

浅いクライフターンが命取り 前半早々の2分、プッキ師匠からの戻しをブエンディアが予備動作なしの浅いクライフターン。というか、ターンしようとしていないので「クライフその場」みたいになってデウロフェウに足を出されてしまいました。 奪ったデウロフェ…

第11節:ワトフォード 1 - 2 チェルシー【ジョルジーニョのWeighted Pass】

ジョルジーニョのカーブ・スルーパス! 前半5分で早くもアウェイチームが先制するわけですが、このカーブボールでのスルーが痺れるなぁ! ハイライトだと誰が出したか分からなかったのでプレミア公式の記事を見たら、 Jorginho’s perfectly weighted through…

第10節:ワトフォード 0 - 0 ボーンマウス【ナタン・アケ=フリットに激似】

試合は決定機をどちらも外しまくる展開、正直コメントしづらい。 スコドロなのに8枚もイエローカードが出ていたりする。なんだこりゃ。 唯一、ボーンマスのナタン・アケに大注目。ユニフォームが縦縞の赤&黒で、髪の毛が長いソバージュ。これはもう往年のAC…

第9節:トテナム 1 - 1 ワトフォード【拙攻の代償】

ロリスは年内絶望… ロリスはやはり大怪我でした。でもスケジュールが出ているだけマシですかね…。ニュースを張ろうかと思ったけれど、「あのシーン」の画像があって肘がムギュッとなっていたりするので、止めておきます…。 代わって入ったのがGKガッサニーガ…

第8節:ワトフォード 0 - 0 シェフィールドU【決定機外しすぎ】

ワトフォード、決定力なさすぎ… ワトフォードにはハイライト見ただけでも3回くらいの大チャンスがあったのに、決めきれない。特に前半9分の超・決定機とか(ただし、これは入っていてもオフサイドだったはず)。 後半4分のウェルベック抜け出しだって、横に…

第7節:ウルヴス 2 - 0 ワトフォード【新星ネトが輝く】

ポルトガル国籍の19歳 下位同士の一戦。後半12分の最初のカードで交代になってしまいましたが、19歳のネトが輝きました。 ペドロ・ネト - Wikipedia 前半、点には繋がりませんでしたが右サイドを持ち上がって跨ぎフェイントからグッと縦に抜ける推進力、そし…

■必見■第6節:マンチェスター・シティ 8 - 0 ワトフォード【デブ神誕生】

前節にアーセナルを追い詰めたワトフォードが、衝撃の大敗を喫した試合! なぜに!? これは… デブライネ申 6-0 ワトフォード と書くべき試合だ!(※「ネ」と「申」をくっつけているところに注目してね=笑) これからは「デブ神」と略称させていただく。…

第5節:ワトフォード 2 - 2 アーセナル【ソクラティス痛恨!】

9)ワトフォード 2 - 2 アーセナル これはハイライトで見ても胸熱な試合でした!(※これを書いている時点では俺ちゃんは第6節の0-8という衝撃の敗戦についてまだ見ていないので、なんでワトフォードがこのいい試合から転落したのか、本当に分からん!) ワ…

第4節:ニューカッスル 1 - 1 ワトフォード【決めるまでは攻め残るw】

6)ニューカッスル・ユナイテッド 1 - 1 ワトフォード この試合はドローなのだが、2点の得点はいずれもゴール前でDFに当たってこぼれたりしたものを蹴りこんだところがあり、華やかさには欠ける。 でも、ホームのニューカッスルが同点に追いついたシーンは…

第3節:ワトフォード 1 - 3 ウェストハム【スコーピオンシュート!】

6)ワトフォード 1 - 3 ウェストハム・ユナイテッド 前半3分、ワトフォードゴール前で粘って繋ぎ、左サイド10番ランツィーニへ。巧みに体幹を捻じったフェイントでアウトサイド切り返すと、DFたまらず引っかけてしまいました。あのフェイントは身体的能力が…

第2節:エヴァートン 1 - 0 ワトフォード【ベルナルジお見事】

4)エヴァートン 1 - 0 ワトフォード 前半10分、エヴァートン最終ラインからロングキック。まさに往年のキック&ラッシュてな感じのボールが、左サイドのベルナルジにわたる。 プレミアを見だしてから、単純なキック&ラッシュも、キック力(りょく)(持続…