プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

試合メモ2019/20

第8節:サウザンプトン 1 - 4 チェルシー【6人を切り裂くヴァレリー】

吉田麻也先発、ライン上でスーパークリアも…。 前半17分のチェルシー先制点は、サウザンプトンからしたら大変もったいない。全体が前に掛かったちょうどその時に悪い取られ方をして、即、前方へロブを出されてしまいました。 吉田がいちおう、エイブラハムに…

■大金星■第8節:マンチェスター・シティ 0 - 2 ウルヴス【虎のふた噛み!】

40年ぶりの大金星! ゲーッ! ウルヴスは1部リーグの敵地でシティを撃破したのが40年ぶりなんだそうだ。オオカミさん、おめでとう! 賭けの倍率どのくらいだったんでしょうか。ずいぶん稼いだ人がいるかも知れません。 前半はシティがバタバタ。1回はDFの陣…

第8節:アーセナル 1 - 0 ボーンマウス【サカ様で上り坂】

ダヴィド・ルイスがCKヘッド一発 ポカやりがちなダヴィド・ルイスさんが右CKからヘッドですらし気味にして左サイドネットへ。バウンドして絶妙なコースに飛びました。それにしてもDFは彼をドフリーにしすぎました。13番カルム・ウィルソンがマーカーでしたが…

第8節:ウェストハム 1 - 2 クリスタル・パレス【ヤル夫さんの機動力】

ヤルモレンコの旋回 調子の良いヤルモレンコ、ザハといった選手が今節もキレキレ。見ていて楽しい。 特に後半9分のウェストハム先制点は、ヤル夫さんのボール保持しつつの旋回技(小刻みな身体のキックフェイント付き!)から、パレスDF陣がこの動きに釣られ…

第8節:ワトフォード 0 - 0 シェフィールドU【決定機外しすぎ】

ワトフォード、決定力なさすぎ… ワトフォードにはハイライト見ただけでも3回くらいの大チャンスがあったのに、決めきれない。特に前半9分の超・決定機とか(ただし、これは入っていてもオフサイドだったはず)。 後半4分のウェルベック抜け出しだって、横に…

第8節:ノリッジ 1 - 5 アストン・ヴィラ【ノリッジ守備崩壊】

シティ相手にまさかの大金星を得てから、これで3連敗。しかも0-2、0-2、ときて今節も終了間際まで0-5ですよ。ノリッジさん、崩壊しているなぁ…。 ノリッジの守備が脆すぎ 前半15分の先制点は、右ペナ角のエル・ガジがアウトサイドのターン2回(余裕…

第8節:リヴァプール 2 - 1 レスター【クロップ劇場】

面白い試合。なかでもクロップ監督が大興奮。DAZNのフルタイム動画には(なぜか)ないのだが、ハイライトには試合後、クロップが観客をたきつけて「ヘイ! ヘイ! ヘイ!」と一緒に盛り上がるシーンがあって、「笑っていいとも」でタモリの観客との掛け合い…

第8節:バーンリー 1 - 0 エヴァートン【マンガのようなCKダイレクトボレー弾】

試合自体は低調な感じもするが… この試合は得点シーンだけ見るのでもOK! いや、逆に言えば得点シーンは皆に見てほしいぞ。早速動画を。てか、バーンリー公式も得点シーンしか出してないやw youtu.be これで終わってしまうのもナンなので、以下。 得点シー…

第8節:ブライトン 3 - 0 トテナム【コノリーの回転ヒール】

開始3分でロリス負傷退場、失点。 左サイドのタッチライン際から持ち上がり、左ペナ角を伺うあたりの位置から、13番グロスが切り返して右足インスイングのセンタリング。これがふわっとした感じでゴールに向かうと、ロリスは後退しつつキャッチを試みるが前…

■雨中の死闘■第7節:マンチェスター・ユナイテッド 1 - 1 アーセナル【ポグバ・アイスクリーム】

怪我から復帰のポグバだが… ポグバは足首の怪我とかで、第4節以降の2節をお休み。で、今節復帰したら、頭の一部がピンク色のアイスクリームみたいになってました。これ、TV番組の企画とかですか?(笑) ま、ロナウドのおにぎりヘアーでW杯優勝とかもあるし…

第7節:レスター 5 - 0 ニューカッスル【ンディディ芸術弾】

レスターの攻撃陣が大爆発! 縦に物凄く速い。グループで迷いなくゴールへと突っ込んでいき、ニューカッスルを粉砕した…そんな試合。 先制点のリカルド・ペレイラは高速ドリブルで30mとかは余裕で走ってきた感じだ。雨のグラウンドのようだったが、そのまま…

第7節:エヴァートン 1 - 3 マンチェスター・シティ【マフレズ裏街道!】

デブ神お得意のセンタリング 前半【50秒】でエヴァートンのウォルコットが頭部に死球(←野球じゃないが…)を受けて交代を余儀なくされる。波瀾の幕開け。 試合を通じて大活躍したのがシティのマフレズと、GKエデルソン。 1点目はマフレズが自陣右サイドから…

第7節:ウルヴス 2 - 0 ワトフォード【新星ネトが輝く】

ポルトガル国籍の19歳 下位同士の一戦。後半12分の最初のカードで交代になってしまいましたが、19歳のネトが輝きました。 ペドロ・ネト - Wikipedia 前半、点には繋がりませんでしたが右サイドを持ち上がって跨ぎフェイントからグッと縦に抜ける推進力、そし…

第7節:トテナム 2 - 1 サウザンプトン【ロリス自作自演】

相変わらずソン・フンミン 前半24分の先制点は、右サイドからエリクセンがハリー・ケインを狙ってセンタリングを入れたところから。DFのヘッドで流れ、ファーのペナ内左で待ち構えていたソン・フンミンのもとへ。 ぴたりと足元にストップ。対面してきたDFを…

第7節:クリスタル・パレス 2 - 0 ノリッジ【ザハ、躍動】

巧みなワンビートでDFを剥がす! パレスの2点は、共にザハのお膳立てによる。他のシーン、とりわけ後半のファーから突っ込んできて強烈ヘッド(惜しくも枠の上)などでも目立ってました。 1点目は前半21分、右サイドペナ内からのザハの切り返しから中央に繋…

第7節:チェルシー 2 - 0 ブライトン【パッとしない勝利】

チェルシーが順当勝ちといえばそうなのかもですが、1点目は相手DFウェブスターのミスからごっつあんPK。これをジョルジーニョが決めたもの。 ブライトンにもチャンスは2回くらいありました。クロスバーに当たった叩きつけヘッドとか。チェルシーは運に恵まれ…

■お洒落技■第7節:アストン・ヴィラ 2 - 2 バーンリー【センタリング前の技巧】

グリーリッシュの尻が凄い う~ん、熱い試合。そして技巧的な得点シーンの連続! なのだが、印象に残ったのは「グリーリッシュのケツ筋スゲエ」ってこと。鍛えられています! 先制点のエル・ガジ、お洒落タッチのつま先シュートが最高に技巧的。あそこでちょ…

第7節:ボーンマウス 2 - 2 ウェストハム【ヤルモレンコ、ヤル夫】

189cmなのにテクニシャン ウエストハムのヤルモレンコが1ゴール+1お膳立てセンタリングで活躍。前節から2試合連続ゴール。ハイライトで見ても分かる身長の高さ。189cmだそうな。 右MFだと思うのだけど、あのポジションでこの身長、そして身のこなしは凄いね…

第7節:シェフィールドU 0 - 1 リヴァプール【大善戦もGKポカ】

フィルミーノはフェノメーノ。 実はハイライトではなく、前半の最後の方から、特に後半はDAZN実況で見てました。個人的には、フィルミーノを1列下げた後半、そして第1節でも活躍したオリギを後半19分に投入したのが大きかったですね。 その前に、ホームのシ…

■良試合■第6節:チェルシー 1 - 2 リヴァプール【カンテの筋肉を解明せよ!】

第6節最後のナイトマッチはこのビッグカード。ハイライトで見てもわかる、良い試合! チェルシーはエイブラハムの大チャンスでミスらず、アスピリクエタのVAR取り消し(あんなに流したあとのプレイで取り消しなんて!)がなければ、少なくとも同点にはできて…

第6節:アーセナル 3 - 2 アストン・ヴィラ【10人で大逆転】

GvsGの対決! 1-0でリードされていたホーム・アーセナルが、さらに前半41分にメイトランド・ナイルズ退場で追い込まれたのにも関わらず! 最後は足の止まったアストン・ヴィラを大逆転した…といった感じの試合。 ヴィラの最初の得点、グエンドゥジが付いてい…

第6節:ウェストハム 2 - 0 マンチェスター・ユナイテッド【ファビアンスキの金星】

ヤル夫さんのぶらり旅 なんと! 大金星ではないのだろうけど、金星だよね。 前半終了間際44分の得点、ヤルモレンコがいったんオフサイドラインを気にしてぶら~んと戻ってくるルートが良かったね。まっすぐ戻ってきたらDFにまた捕捉されてたかもしれないが、…

第6節:クリスタル・パレス 1 - 1 ウルヴス【10人で劇的同点弾!】

身長193cmで裏街道! 後半1分のパレス先制点はウルヴスGKかDFのオウンゴールになっています。が、その前のシーンは結構、見どころがあります。 左サイド、スローインのリスタートをさっさと開始。15番シュラップがDFの股を抜いてゴールエリア左まで進出する…

第6節:ニューカッスル 0 - 0 ブライトン【ゴールキックからの繋ぎ=流行中?】

正直、見どころの乏しい試合。特にニューカッスルが全く元気ない感じだ(DAZNハイライトを見る限り)。 ブライトンは前半、見事な切り返しからセンタリング⇒ヘッド弾はオフサイド。後半にもゴールライン上でニューカッスルDFがなんとかクリアする等、ビッグ…

■必見■第6節:マンチェスター・シティ 8 - 0 ワトフォード【デブ神誕生】

前節にアーセナルを追い詰めたワトフォードが、衝撃の大敗を喫した試合! なぜに!? これは… デブライネ申 6-0 ワトフォード と書くべき試合だ!(※「ネ」と「申」をくっつけているところに注目してね=笑) これからは「デブ神」と略称させていただく。…

第6節:エヴァートン 0 - 2 シェフィールドU【神の手、OG誘発?】

マラドーナより伸ばしてるw 前半40分、アウェイチームがCKから得点。さっきの試合の、バーンリーFWウッズの得点みたいやな…と思いきや、エヴァートン選手に当たってのオウンゴールでした。 その前でシェフィールドの選手が、いわば「マラドーナの神の手の、…

第6節:バーンリー 2 - 0 ノリッジ【ウッズ2発】

前半10分、左CKからクリス・ウッズがニアで合わせて先制。絶妙な位置に速い球が来ました。かする感じでニアを抜いた側頭部ヘッド。 14分もウッズ。右サイドでノリッジのDFが縦にミスパス。これを攫った11番マクニールがゴールライン際から腰を回して折り返し…

第6節:レスター 2 - 1 トテナム【ハリー・ケインの執念!】

前半29分ハリー・ケインのゴールは本当にお見事。自陣右サイドで繋いで、ラメラから最前線右寄りに進出したソン・フンミンへパス。これを一瞬キープしつつ、ハリー・ケインの存在を感じると軽いヒールパス。 ヒールパスにバック回転掛かってるぞ! さすがに…

第6節:サウザンプトン 1 - 3 ボーンマウス【DFとGKお見合い】

1)サウザンプトン 1 - 3 AFCボーンマウス 前半10分、右CKからアケのヘッドで先制。直前で選手が飛んで空振っているのだが、よく背後で合わせられるよな。私も来世ではこんなのを決めたいものだ(慨嘆)。 前半35分、左サイドを完全に崩して、マイナスの折…

第5節:アストン・ヴィラ 0 - 0 ウェストハム【ヴィラ味方同士でケンカ】

10)アストン・ヴィラ 0 - 0 ウェストハム・ユナイテッド 惜しいシーンは双方にあったが特筆すべきものは少なく、試合最大のハイライトがアストン・ヴィラの味方同士の口論、つーか軽い頭突きまでしている。エル・ガジvsミングス。 グリーリッシュはいい選手…