プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

【実況分析】第1節:リヴァプール 4 - 1 ノリッジ【サラー躍動】

 

Youtube の字幕機能は一長一短

 

 ウホッ! 字幕ある字幕ある、ありがたしありがたし。当然、こっちから行きますよねw 驚速実況怖い。

 

まずは字幕に助けられながらも書き起こしてみます。この字幕、機械じゃなさそうだけど、ところどころ明らかなミスもあり、正直「ハテナ?」であります。

 

Robertson...Origi. It's a lovely ball by Robertson.
Really good weight on it.
Gives Origi something to work with.
And work well he does!
The first goal of Liverpool's new season is an own goal by Grant Hanley.
===
Alexander-Arnold for Liverpool.
Might fall for Salah.
It could come to Firmino, Mo Salah!
Goal for Liverpool, goal for Mohamed Salah!
At it once again and making it look as easy as he normally does.
===
Liverpool's corner.
Oh, there it is, Virgil van Dijk, opening night, how about that?
Bang. 3-0 to Liverpool.
Loves it, doesn't he? Absolutely loves it.
===
Henderson, takes it on the half-turn and gets Liverpool moving.
Sarah. Henderson again.
Liverpool clicking through the gears again, Origi!
Well, just take it all the way back to the start of the move.
Because that from Liverpool was something special.
Origi the finisher, but the whole attacking move was a work of art.
===
Buendia, and now Pukki!
And a goal for Norwich.
They do have something to show for their night's work, and they have put a lot of work into it. 

 

good weight on it.:「(左サイドに)良い圧力をかけたぞ!」みたいな感じですかね。

2019/11/9修正:weight pass で「(強さ・速度をちゃんと調整して)スペースに出すパス」と分かったので、ここも修正します。「ボールをちゃんと調整して出した、いいパス!」という意味。

第11節:ワトフォード 1 - 2 チェルシー【ジョルジーニョのWeighted Pass】 - プレミアリーグの英語表現

 

Gives Origi something to work with.:「さあオリギの出番だ!」

 

At it once again:「またしても」という意味でしょうが、こんな言い方、私は考えもつかない。

 

Bang. :「ズドン!」

 

clicking through the gears:下記の通り「move through the gears」でギアを上げる、の意味なので、同じような表現でしょう。

 

 

a work of art.:芸術作品

 

they have put a lot of work into it.:「よく頑張って1点をもぎ取りました」という感じですかね。

ひー。字幕も助けてくれたので何とかできたな。で、次が問題で…。

 

ノリッジ公式は驚速実況! 

 

速いなぁ! ノリッジは昇格組なので「左サイド一角に黄色と緑の一団、少なくともあと10ヵ月は居られる」とか、監督がチームにかけた言葉で「後悔なくシーズンやりきろうぜ、と言った」みたいなのはあらかた聴き取れるのだが、最初のシュートチャンスのとことか:

Marco Stiepermann!...whose shot goes into the [???]

 

「ゴール裏観客席(に飛び込んだ)」なのだろうと思うが、なんていう単語を使っているのか、現時点で分からん…。音は「clock」みたいに聞こえるが。シーズン終了時には、聴き取れるようになるかなぁ?

 

で、最初の得点シーン。オリギにボールが渡ったあたりから実況が驚速! swift Liverpool attack と言っている。素早いリバポの攻撃! 

 

ゴールした瞬間(1:12あたり)は観客の歓声もあってかなり聴き取りづらい…。「Cutting the ball back... Oh, it goes into the net! it's an own goal!」と聞こえるが…。この実況さんの舌の構造を解明したいぞw

 

... but he's sliced it [the ball] and given his team crew [←たぶん…] no chance at all.

 

オウンゴールしたHanleyは頭に手をやり、Premier league nightmare for him と。

 

下って4点目のシーン、5:26には: Liverpool are ramping this one. (?)と言っているように聞こえる。「激烈に振る舞う=リバポが圧倒している」という意味でしょうか。自信ないな、誰か助けてくださいw

 

で、6:00あたり、フィルミーノの回転の舞いのところで、it's gone wide...!(あー、逸れた!)てな感じですかな。

 

はい、あとは引っかかるところは個人的にはなかったので、ようやっと、これで第1節の第1試合を終えられますわ…。ひえー、字幕ないと厳しいな! でも1年間トライしてみよう。1年後には完全に聴き取れるように…。

 

お疲れさまでした!