プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

■お薦め■第3節:マンチェスター・ユナイテッド 1 - 2 クリスタル・パレス【劇的展開!】

縦ポンで先制点

 

32分、パレスGKがクリアした「縦ポン」一発。

ユナイテッド陣内中央で1対2(DF1の状況)になってました。

ヘッドで落とされた球を、アイウが落ち着いて右足インサイド。

 

デヘアは最大開脚防御モード(笑)でしたが、あれじゃあどうしようもない。

アウェイチームが先制!

 

後半、マルシャルがペナ内で引き倒されて、シュートは
宇宙開発しちゃったのに、なぜかPKにならない!

VARで見たら思いっきり黒だろ…。

 

でも、マクトミネイの右からの突っ込み、足引っかけにはPKが
与えられる。

先のと合わせ技で、ようやくPK認定ってこと?

 

でもラシュフォードはこのPKを、前節のポグバよろしく外してしまいます。

 

89分。

ポグバが相手に渡したところを激しい両足タックル(?)
で自作自演風に取返し、縦に鋭いパス。

そこから繋いで中央のジェームス!

ひとコネしてから右足一閃!

巻き巻きシュートが、「そこGK取れませんね」という
右隅ぎりぎりに収まる! 劇的同点弾!!

 

しかし…アディショナルタイムの93分、
なんとそのポグバが後ろから強烈タックルを見舞われてボールを奪われる。

 

パレスは右サイドから左に展開し、最後はファン・アーンホルトが
デヘアのニアをぶち抜く強烈ショット! 

 

なんとなんと、アウェイのパレスが勝利してしまいました。

 

下の動画にも出てきますが、パレスがユナイテッド相手に
プレミアを舞台に勝つのは初
だそう。

 

オールドトラフォードで勝つのも30年ぶりとか。

おめでとう!

 

===

(※マンU公式の動画、埋め込みNGになってるのでリンクに変えました。)  

https://youtu.be/C7PQvKXP_dU

=== 

 

最初のナレーションがイカす:

Proper August football weather...

Glorious afternoon for Old Traffords

[※'s かもしれないが、いずれにしてもd では終わってない印象].

Can United keep up their promising start to this new campaign?

 

それと、序盤のJamesの大チャンス時、そして後半にPKを外した時も
stay out」という動詞がこの試合でも使われてますね。

 

パレスの先制点シーン:

Palace have soaked up all the pressure and Jordan Ayew has given them the lead. 

 

soak up: 吸収する。

「パレスはユナイテッドの攻撃を受け止めてカウンターから
アイウがリードを奪った!」てな感じですかね。

ちょっと意訳厚めですけど。

 

同点弾、面白過ぎる

James... Life saver !!!

Daniel James, two minutes from time!

 

さて、最後にポグバが奪い返されるシーンがなぜかユナイテッド公式
からは抜け落ちている
ので、下記のパレスの公式動画もどうぞ! 

 

いやー、いいプレイしているのに、移籍話が尽きないからか、
ツキに見放されているぞポグバ大明神…。

 

youtu.be

 

いやぁ、フットボールって本当に良いものですね。

それでは、サヨナラ、サヨナラ!