プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

【実況分析】第3節:リヴァプール 3 - 1 アーセナル【サラー大明神、疾走!】

第3節の実況分析メインはこの試合。ざっと見た中で実況が良いトーンだった。

 

youtu.be

 

オーバメヤンが大チャンスを外したシーン: 

Which is what they tried then, and it might be a mistake from Adrián.
Aubameyang... just wide of goal !! 
It's a terrible mistake from Adrián, and unfortunately Aubameyang might have had a little bit more time there to really adjust his lob.

 

また仮定法過去完了。これが会話でスルッと出たら格好いいなといつも思う。私は「should've done」などはよく使いますが、might 系はまたハードルが上がるなぁ。意識的に練習してみようっと。


lob はロビングボール、ふわっと浮かせたボールですな。よって、「もう少しだけ時間の余裕があれば、ロブのシュートをきっちり合わせられたでしょうにね…」と訳しておきます。

 

PKの直前、サラーが引っ張られたシーン。そしてPKを蹴るサラー:

 

Alexander-Arnold, Firmino, Wow..
Salah got a tug on his shirt, and the refree responded by giving a penalty.
It was plain to see, and I don't think Arsenal can complain.

Salah steps forward and easily goes through [←多分] Leno!
High to goalkeeper's right.
He gave no chance to Leno there.
He's just smashed in.

tug はグイと引っ張ること。

 

そして驚愕の3点目(サラーのこの日2点目): 

Look at this! Salah, he's away Monreal, [who's] trying to catch him. Salah goes in now! [←この部分、歓声もあり自信なし]

 

アーセナルが1点返す場面:

Traira's second attempt does snap it into the far corner to beat Adrián.

 

snap って驚くほどいろいろな意味・用法ありますな。ここでは最初の「パンと撃つ」で理解していいと思ってます!

英語「snap」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

はい、今節もお疲れさまでした!

急いでおっかけ第4節10試合をやらねば…orz