プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第4節:クリスタル・パレス 1 - 0 アストン・ヴィラ【誤審だよ!】

3)クリスタル・パレス 1 - 0 アストン・ヴィラ

 

これは最後、誤審だろっ!???

後半開始早々に10人になってから(←トレゼゲ、不要なファールで2枚目イエロー)ついに1点取られたアストン・ヴィラ。

 

最後の最後、後半51分とかに点を決めた…のだが、その前にグリーリッシュがダイビングしたと判定されてノーゴール。

 

…嘘っ!

 

逆に、後ろからチャージしてきたザハに押されてるやん! そのボールが右にこぼれたところをランズベリーがファインゴールした…はずだったのに。可哀想すぎる。

 

試合を決めた1点は後半28分。ヴィラの攻撃をGKがキャッチ、そこから(またしても)ロシアW杯の日本vsベルギーみたいな縦の速攻が炸裂! パレスのアイェウがペナ左端に侵入したところで、帰陣してきた10番グリーリッシュがボールを奪おうと突いたところ、味方DFに当たってアイェウの前にこぼれてしまいました。

 

そこからがすごい。40番DFミングスに身体を押さえつけられているのにDFを割って、3人目が来る直前に足を振り切る。アイェウも俺ちゃんの師匠になりそうだ。

 

逆に、グリーリッシュは不運極まりない試合だったということになる。以下のパレス公式でも、押してるよね? VARどうした~。

 

youtu.be