プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第5節:マンチェスター・ユナイテッド 1 - 0 レスター【渋いPKウノゼロ】

5)マンチェスター・ユナイテッド 1 - 0 レスター・シティ

 

前半8分、ラシュフォードがネイマール流の細かいステップからPKを沈めて先制点、これが結局決勝ゴールという、この節のビッグゲームにしては、やや渋い試合。

 

それにしてもVARで見てもPKかなぁ? ラシュフォードのダッシュは凄かったけど、DFはいちおうボールには触って突いてましたよね。ちょっと可哀想。

 

その他でいいシーンと言えば、後半に入って50分、マンUの若手ジェームスが、左サイドタッチ際、右足のマシューズフェイントでDFをコケさせてカットイン、そのままペナ外やや左寄りのエリアまで侵入。そして(またまた!)巻き巻きシュートでゴール右上を狙ったシーン。惜しくも枠の外だが、巧みです!

 

あとは83分のラシュフォードのFKも凄いね。縦回転で落ちてる。惜しくもwoodwork の右角に当たり、ボールは高々と観客席方向へ。入っていてもおかしくない。

 

youtu.be

 

おお~。ラシュフォードのFKシーンで、上のYT動画でもwoodwork って出てきましたネ! うはは。ではサヨナラ、サヨナラ!