プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

第5節:ボーンマウス 3 - 1 エヴァートン【C・ウィルソン2得点】

8)AFCボーンマウス 3 - 1 エヴァートン

 

プレイスピードが速く、いい試合! 

前半23分、右CKからヘッドですらしてこぼれ球で浮いたところを、カルム・ウィルソンがゴール至近から渾身のヘッド。ボーンマウス先制。

 

エヴァートンも前半終了間際の44分、右サイドを崩して深い位置からリシャルリソンがセンタリング。キャルバート・ルーウィンがDFより先に飛び、DFの競ろうとする力を吸収して滞空時間長かったなw 見事なヘッドを突き刺す。(しかしJリーグだと、審判によっては反則になってたりしないかな?)

 

エヴァートンはこれが今シーズンのアウェイ初ゴール…と実況が言ってるので調べてみたら、その通りでした。第5節でって、確かにちょっと遅いですね。内弁慶チームなのか?

 

後半23分にボーンマウスが左サイド、左ペナ角から3mほど外のところからFK、途中交代で入った24番フレイザーが低く速い弾道でGK前へボールを送り込む。と、前にDFが入って足を出し、そこにかすって僅かに軌道が変わる(←ボーンマウスの公式動画見るまでDFが触ってたの分からなかった)。GK反応不可。ボールはそのままゴールに吸い込まれた。

 

仕上げは27分。エヴァートンDF陣は守備の陣形ができてませんでした。ボーンマウス左サイドで競り合いからのこぼれ球を21番リコが前線に蹴りこんだところ、難なくカルム・ウィルソンが抜け出してGKと1対1。ふわっとした球でゴールの右サイドネットへ送り込む。

 

この場面のDAZN実況、何度聞いても”Poker Cri”(??) executed... by Callum Wilson! にしか聞こえない。う~ん。なんて言っているんだろうか。

 

youtu.be

 

1点目、from point-blank range! って言ってます。至近距離。

照準なしでも当たる距離ということ。

point-blank rangeの意味・使い方 - 英和辞典 WEBLIO辞書