プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第6節:サウザンプトン 1 - 3 ボーンマウス【DFとGKお見合い】

1)サウザンプトン 1 - 3 AFCボーンマウス

 

前半10分、右CKからアケのヘッドで先制。直前で選手が飛んで空振っているのだが、よく背後で合わせられるよな。私も来世ではこんなのを決めたいものだ(慨嘆)。

 

前半35分、左サイドを完全に崩して、マイナスの折り返しから ハリー・ウィルソンがファーのサイドネットへと流し込み、追加点。

 

後半8分、PKでサウザンプトンが追撃開始。とはいえ、その後のボーンマウス、キングへの後ろからのチャージもPKだよなぁ…VAR発動せず。嘘だろって感じ。

 

ロスタイムにDFとGKのお見合いから、最後は完全なプレゼントゴール。今度は「もう一人いるウィルソン」つまりカルム・ウィルソンが決めて勝負あり。

 

youtu.be