プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第6節:クリスタル・パレス 1 - 1 ウルヴス【10人で劇的同点弾!】

 

身長193cmで裏街道!

後半1分のパレス先制点はウルヴスGKかDFのオウンゴールになっています。が、その前のシーンは結構、見どころがあります。

 

左サイド、スローインのリスタートをさっさと開始。15番シュラップがDFの股を抜いてゴールエリア左まで進出すると、センタリングはDFに防がれるも、こぼれ球が8番クヤテの元へ。

 

クヤテはこれをちょん、とバックスピンで突くと、見事にDFの裏街道を取ってゴールエリア左角へ。そこから繋いで、最後はズドンと2番ジョエル・ウォードが打ち込んだ。このシュートがピンボールとなり、DF⇒GKと当たってゴールへ転がる。

 

あの裏街道をとっさにできるって、クヤテとは何奴?…セネガル人でした。193cmも上背があって、ゴール前であのプレイか…。

シェイフ・クヤテ - Wikipedia

 

ウルヴスは後半28分、サイスが不要なタックルで2枚目イエロー、退場。追いかけなきゃアカンのに、10人になってまう。

 

しかしドラマは後半ロスタイムに待っていた。

 

右サイドでトラオレが持ち上がり、ペナ右角から少しふわりとしたセンタリング。これをなんと! パレスのDFウォードがなぜかダイビングヘッドで行ってしまい、失敗。こぼれ球を18番ジョッタが蹴りこんで、土壇場でドローとなったのでした。

 

ウォードにとってはまさに天国から地獄へ転落。DAZNハイライトで、最後ボールボーイが頭を抱えていたのが映っていて、物悲しかったw

 

youtu.be

 

「虎、俺」(←しつこいw)さんがあのガタイで迫ってきたら、そりゃ~DF3人寄せますよね。大丈夫だろと思ったらふわっと上げてくる。地味に凄いです! トラオレさんからもう目が離せなくなってしまう。