プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

■2点目推奨■第11節:クリスタル・パレス 0 - 2 レスター【カモメかよw】

カモメのヴァーディさん

後半12分、CKからレスター4番ソユンクのヘディングで先制なのですが、いくらなんでもドフリーでした。だ~れも見ていない。その直前のCKで6番エヴァンスに決定的なヘッドを打たれていたので、そこに注意が集中しすぎたのか。

 

必見は2点目ですね。試合終了間際の43分。

 

左サイドタッチライン際、ティーレマンスが鋭い横パスを入れると、途中交代のグレイがスルー。受けたヴァーディは、ストップして振り向きざまのシュートも打てそうでしたが、スルー後に旋回したグレイへ、ダイレクトでパス。

 

すぐさま自分も横にステップ(よろめきながらも)してボールを呼び込むと、グレイから見事なダイレクトリターンが来て、それをグラウンダー気味で丁寧に蹴りこむ!

 

いや~見事な局面打開で電光石火の追加点。ヴァーディさんはカモメポーズで祝賀です。笑っちゃいます、このゴールパフォ。

 

以下のレスター公式にはカモメさんがちゃんと出てきます(音楽と、場面トランジションは俺ちゃん的には低評価なのですが)。よかった、よかった。