プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第13節:アーセナル 2 - 2 サウザンプトン【即リスタートのお手本】

相手が足を止めた隙。

前半8分の先制点は、左サイドでごっつんこ状態となりファウルを取られた後のアーセナルDF陣の「全員止まってる」状態を見逃さなかった21番バートランドのマリーシアは要注目。

 

すぐにボールをセットして前方のイングスに出し、イングスが独走してニアに叩き込む。

 

ペペのボレーシーンはダイナミック!

10分後に左サイドから崩してラカゼットが同点弾。

 

で、後半11分(56分)、左からの折り返しにペペの左足ダイレクトボレー! 身体を倒しながらの見事なヒットでしたが惜しくもクロスバー。ダイナミックなシーンで、思わず「うぉぉ!」と叫んでしまった。

 

ロスタイム劇的弾もホーム大ブーイング。

その後ウォード・プラウズのPKで勝ち越し、あとはロスタイムを耐えるだけのサウザンプトンでしたが、やはり吉田麻也選手を締めに投入しなかったからか(?)、劇的同点弾を許してしまい、勝ち点3はスルリと逃げて行ってしまいました。

 

このロスタイム弾の直前、ダヴィド・ルイスのレーザービーム・パスがあるのですが、これはどこかの動画で出ないですかね。本当にお見事。左サイドに展開し、ここから点が生まれました。

  

 

アーセナルの公式にはまだハイライトない模様です。ペペのボレーも、ちゃんと出してくれないかな…。