プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

■先制点推奨■第14節:ウルヴス 1 - 1 シェフィールドU【リスさん巧すぎ】

クライフターン的トラップ。

前半2分に早くもシェフィールドが先制。決めたのは前節、負傷交代したリス・ムセ。今後はリスさんと呼ぶことにしよう(可愛いw)。

 

この先生シュート、凄いですよ。右サイドから上がったクロス、前で味方と相手DFがヘッド競り合って届かなかった球を、右足インサイドで左の軸足裏を通してストップし、DFが寄せてくるのを待ってから、空いた方の外側へ蹴りこんでます!

 

クライフターンと同じだけど、ターンしてないやつ。ジンガC(=土屋健二先生ね)的でもある、このストップ。技自体は慣れればできるのだが、浮き球で、あの勢いで落ちてくるし、前で競っていて見えないのによくトライするよな…。しかしバッチリ置きたいところに決めきるし。ため息が出るなぁ!

 

リスさんはその後もゴール前で股抜きのアシスト未遂など、いい仕事してました。

 

ヒメネスのノールック折り返し。

ウルヴスも反撃。後半19分、縦パスが相手に当たってこぼれ、それをペナ角で収めたヒメネスがアーリー気味にクロス。これが左サイドからするすると最前線に来ていたDF2番ドハティに完璧に合い、ヘッドで同点弾。

 

このアーリークロス、動画を見る限りではヒメネスは中を見ていない。ここに来たらこのタイミングで中に入れる、中はここに入ってくる…という決まりになっているのだろうと推測。それにしてもいいところにボールが落ちてきました。ありゃ、GKも出られないな。

 

ところで、虎さんは不発でしたが、後半に物凄い瞬足で右サイドを破り、惜しいセンタリング上げてました。次節に期待。