プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

■先制点必見■第14節:マンチェスター・ユナイテッド 2 - 2 アストン・ヴィラ【グリちゃんゴラッソ!】

グリちゃん先制点は必見!ゼッタイ!

前半11分、ものすごいゴラッソが決まりました。グリちゃんことグリーリシュの巻き巻きシュートが驚愕のシュートモーション、コース、速度でゴール右上隅に飛び込む。デ・ヘアも見送るしかない。

 

右サイドをエルガジが突破。かなり深い位置まで来てからファーサイドに飛ばすと、追いついたのがグリちゃん。このときマンUのDFはもう4枚戻っていた。

 

ボールを落ち着かせてから、イン⇒アウト⇒アウトと切れ込んで、センタリングをする体勢から腰をグルーリッシュと回して(←すんません!w)右足インフロントで巻き巻きシュート。しかし球速は結構速い。

 

往年の中村俊輔選手が(左右逆だけど)こうゆう蹴り方でFK蹴ってたな。

この先制点だけでもお腹いっぱいの本試合です。

 

ショートコーナーから3得点。

前半終了間際にマンUがショートCKから同点(ラシュフォードが詰めたがポストに当たってGKに跳ね返ってゴールインしたため、オウンゴール判定)。

 

そして後半19分にはまたしても右サイドCKからショートコーナーで繋ぎ、ファーへのクロスをヘッドで押し込んだ。DF2番リンデロフ。

 

しかし試合はここでは終わらない。2分後の後半21分、お返しとばかりにヴィラの右サイドCKからショートで繋ぎ、中央から浮き球のラストパスを、裏抜けした40番ミングスがボレーで蹴りこむ。オフサイドはなし!

 

その後、78分のマンU大チャンスも、ドタバタ喜劇のような混戦の末、マルシャルがScoopしたシュートはクロスバーの上! ヴィラは命拾い。