プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

■大推奨■第15節:チェルシー 2 - 1 アストン・ヴィラ【ヴィラの正三角形パス】

2点目、3点目が痺れる!

ハイライトで見ても痺れたマーラー試合! これは推奨しておきます。

 

特にこの試合2点目(同点弾)のヴィラ、右サイドでグリちゃんから(たぶんノールック)縦パスを起点とする美しい正三角形のパス回し、そして最後は乗ってるトレゼゲ。

 

ヘッドが当たりそこないで足に当たり、それがコロコロとゴールインするという、GKも唖然呆然の一点(笑)。

 

それにしてもグリーリシュのキック(やパス)は予測しにくいだろうなぁ。持ち方が独特。

 

3点目はウィリアンのボディフェイント⇒DF2枚の間を通す絶妙なループパスが見事すぎる。

 

これを、エイブラハム(=前半に先制ヘッド)が胸トラでマウントに落とし、マウントが強烈弾を叩き込む。まさにゲームか漫画の世界のワンシーン。マウント君も久々にスポットライト。

 

 

あれ? 最後にヴィラにも惜しいシーンがあってGKファインセーブなのだが、それがカットされとるで(苦笑)。ま、いっか。

 

いちおう、長いほうのヴィラ公式もリンクしときます。

 

 

トレゼゲの得点の時、「it was a scrappy goal, but it doesn't matter.」などと言っています。

「雑な、面白系ゴール」って感じの意味合いでしょうが、ズバリで訳すのは難しいなぁ。ま、単語scrappy、憶えておきますか。

 

scrappy とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書