プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第15節:シェフィールドU 0 - 2 ニューカッスル【サン・マクシマン来たー!】

マクシマン戦車、ついに初得点。

サン・マクシマンが驚速ドリブルや一人ゴリゴリ突破から…ではなく、地味にヘッドで飛び込んで決めたのですが、形はともあれ、初得点おめでとう! これを機に、驚速ドリブルからの叩き込みも見たいものです。

 

待てよ、見慣れない緑のアウェイユニだから決められたってことはないよな(笑)。

 

で、2点目はちょっと疑問の残る判定。線審は思いっきりオフサイドフラッグ上げているから、シェフィールドの選手がプレイ止めるのも分かるわ…。でもVAR時代だからこそ、「線審は案山子」と思うしかないってことなのかね。

 

ま、DFが2人とか、シェルヴィーに追いすがっていたとしても、防げなかっただろうから、結果は同じだったように思えますが。VAR受難のまた一つの事例ができました。