プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第18節:エヴァートン 0 - 0 アーセナル【無味スコアレス】

ダヴィド・ルイスが復帰。しかし冒頭でリシャルリソンを引っかけてしまってます。

 

リシャルリソンは見るからに身体がキレキレ。後半にもチャンスを作ってました。

 

51分のオーバメヤン師匠はこぼれ球を決めたかったところ。序盤は超人のようなトラップをばしっと決めてゴール叩き込んでいたのに、冬になってすっかり静かだなぁ! 師匠、また魅せてくださいよ。

 

 

内容がないので、ちょっと実況分析:

the angles getting acute!

 

Martinelliのシュートシーン。持ち込んでシュートする角度が無くなってきたところで「acute」と言っています。