プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

■これも2点目必見!!■第19節:クリスタル・パレス 2 - 1 ウェストハム【アイェウのルーレット&ダブルタッチ弾!!】

試合は後半動く。ウェストハムの先制点は30番マイケル・アントニオのスルーパスが絶妙。スノッドグラスが左足で軽い巻き巻きをゴールに突き刺す。

 

同点弾はパレスの左からのクロスに対し、ウェストハムDFが2枚も行ってしまったことが原因か。アイェウにヘッドで落とされ、入り込んだクヤテにごっつあんゴールを提供。

 

しかし何と言っても! 2点目ですよ。

 

アイェウの突破、前を塞がれたところで擬似マルセイユ・ルーレット、ラッキーにも前に出てきたところですかさずダブルタッチ!!

 

くぅ~~~~!! 痺れるマーラー技っ!!

 

これは「前半戦のゴールランキング・技術編」としたら、かなりポイント高いのではないだろうか。

 

 

先制点のシーン:

Ah... Sucker punch for Palace!!

 

sucker punchの意味・使い方 - 英和辞典 WEBLIO辞書

 

と言ってますが、もともと映画の原題だったのですね。これは知らんかった。