プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第20節:アーセナル 1 - 2 チェルシー【逆を突くエイブラハムのトラップ!】

 前半13分、左CKからのヘッドでのフリックを、ものすごい反射神経で予測してDFの後ろから前に出なおしたオーバメヤン師匠。ダイビングヘッド気味に飛び込んで、アーセナルが先制! 師匠も上がってきました。

 

しかし、もう少し耐えられれば良かったところ、GKベルント・レノがまさかのパンチング・ミスでやすやすとジョルジーニョにごっつあん提供。後半38分。

 

前節のデ・ヘアといい、やっぱり局面局面でターキー・シンドローム(=クリスマスボケってことねw)なのかしら…。 

 

これでガクリと来たか、最後は速攻からエイブラハム⇒ウィリアン、外に持ち出すウィリアンもお見事。

 

しかし最大の「巧みマーク」は、そのウィリアンからの折り返しをゴール前で冷静に止めたエイブラハムに。

 

トラップしたボールの勢いで中へ持ち出す仕草。身体を開いただけのストップですが、これ一発でDFは釣られてしまいました。以下のYTハイライトを0.25倍速で見ると凄さが分かります。