プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第22節:マンチェスター・ユナイテッド 4 - 0 ノリッジ【ラシュフォード2得点】

 先制点はキャントウェル童子の守備甘いなぁ~。アリバイ守備で、やすやすとセンタリングを入れられてしまいました。

 

DFに行く時の距離感があれじゃあ、ボールを受ける方(ラシュフォード)も位置やタイミングを合わせやすかろうに。

 

あとはPK(ラシュフォード)、打点の高いCKヘッド(マルシャル)、と続いて、最後のグリーンウッドの、アウト切り返しからのミドル弾は見事ですね。

 

ノリッジは元気なく、粉砕されてしまいました。プッキ師匠は怪我か風邪などですかね。ベンチにも居ませんでした。