プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

■珍■第24節:エヴァートン 2 - 2 ニューカッスル【後半49分OH弾、50分GLT弾!!】

これは凄い、珍試合。

 

エヴァートンはモイズ・キーンが(ようやく!)初得点 。そして追加点を後半9分にキャルバート・ルーウィンが見事に沈めた(正直、マークしてたDFがなぜ最後に横ズレして外したのかという気がするのだが…)。

 

そのまま終わればいいはずだった。

 

…しかしっ!

 

後半49分、CKからこぼれ球をルジュン(後半25分に途中投入)が華麗なオーバーヘッド(OH弾)で叩き込み、一矢報いる。

 

ま、しゃあない。これで終わるだろ。

 

…しかししかしっ!

 

1分後の後半50分、最後のロングキックからエヴァートンのDFがヘッドを被り⇒右サイドから強烈シュート⇒大混戦からルジュンがジャンプキック⇒GKピックフォードがファインセーブでボールをパンチング…。

 

しかしこのパンチングがすでにゴール内だったのでした。GLTすなわちゴールラインテクノロジね。これで主審がゴール認定。ホームチームの観客、唖然呆然。

 

 

 

この傑作同点弾をよく見るには以下のExtended Highlightsを推奨しますw

 

 

なかなかこんな展開の試合はないですな。歴史上ないとまでは、もちろん言わないけど(CLの1998-99決勝、マンUvsバイヤンとか突き抜けたのがあるからな)。