プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

■絶対必見■第24節:マンチェスター・ユナイテッド 0 - 2 バーンリー【超ゴラッソ】

この試合は2点目のジェイ・ロドリゲスのスーパーゴールに尽きる!

 

ゴラッソにも2種類あり、個人技で凄いのと、その前のチームプレイも鮮やかなものがあると思う。前者を個人ゴラッソ、後者をチーム・ゴラッソと呼んでおこう。

 

この2点目はチーム・ゴラッソですな。ダイレクト2回で素早い抜け出し。デ・ヘアはその前に中央に寄りすぎな位置でしたが、バーンリー側が修正する時間を与えませんでした。

 

迷いのないミドル弾が左隅のクロスバーに飛ぶ!!

 

ダイレクトでアシストしているのは、先制点を見事な反応で決めたウッド師匠です。こちらにも「巧み」マークを送りたい。

 

sports.yahoo.co.jp

 

 

 

なんと、ショッキングな敗北だからか、マンU公式のYT動画が出てこない! マジ? 代わってクラレッツのハイライトですが、こちらは得点シーンだけ。見られるうちに、DAZNのハイライトをご参照ください。

 

マンUも2点取られて慌てて攻め立てるけど、最後にパスを出しておけばいいところで強引にシュート行ったり、チームプレイが欠けている感じがありますね。

 

いやあ、それにしても痛快なゴールでした。