プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

■必見■第27節:チェルシー 2 - 1 トテナム【凄い2G】

この試合はチェルシーの2ゴールともスペクタクルですね! ゴラッソという言葉が合うのは2点目のマルコス・アロンソ、地を這うエグゾセ弾だけれど、1点目も面白い。

 

先制点のジルーの抜け出しシーン、あれ両者ともアイコンタクト無しでやってるみたい! あれだけの強い縦パスを、オフサイドラインぎりぎりで収めるジルー。チーム連動として巧みです!

 

2点目は右サイドタッチ欄際から、ネイソン・マウントのカットインが強烈で、そこが左への大きな潮流を生みましたね。

 

そして久々のアロンソ強烈左足! これは好守で活躍していたロリスさんも手が届きません。

 

いや~、いい試合見せてもらいました。

脛を踏まれてるアスピリクエタも、股間打ち付けの(←痛そう)エイブラハムも、大事に至らなかったようで、良かったですね。

 

sports.yahoo.co.jp

 

 

 

1点目のシーンで久しぶりにwoodworkを聞いた感じです。

2点目の前、アロンソの右足での無回転シュート(惜しくも右隅を捉えられず)の際、実況は右足も褒めてますねw で、得点の際には

Stunning stuff from Chelsea!!

 

これ、面白い表現だなぁ。