プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

第29節:シェフィールドU 1 - 0 ノリッジ【シャープなセンタリング&ヘッド弾】

ヘンダーソンとクルルのGK対決といった試合。両者好セーブを連発しましたが、とりわけ、ほぼゴールライン上の大危機を、連続スーパーセーブで救ったヘンダーソンに軍配。

 

決勝点のところ、ノリッジの左サイドですが3対3なのにDFが寄せきれてなく、素晴らしいセンタリングを余裕で上げさせてしまいました。それにしても見事な弾道のアシストだ! たぶん7番ランドストラム。

 

これを空中で身体を捻ったまま静止したかのようなビリー・シャープがヘッドで捉える。さすがのクルルもセーブできるわけない。

 

中のDFも、5番ハントリーがマークミスしてた感じ。右サイド2番のアーロンズに激怒してますが、中の枚数みたらマークはあんたやろw

 

これでウルヴスとシェフィールドが勝ち点43でそれぞれ5位、6位。ただしシェフィールドは1試合少ない。

個人的には完成度の高いシェフィールドにCLへ、ウルヴスにはUEFAに行ってほしい!