プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

Podcast: フットボールの基礎英単語5 (Sep 13, 2019 · 6 min)

podcasts.google.com

 

さて、このシリーズ初回ですが、単語レベルとしてはかなりeasyです。

 

放送中の”5つの単語”(放送後半に出てきますが、Script見たらfourになってたので、録音時のミスだね)、がどれを指すかちょっと分かりにくいのですが、ウェブサイト上:

 

premierskillsenglish.britishcouncil.org

 

にまとまってる5単語(Kick off, Hit the post, Tackle, Penalty, Over the bar)ってことなんでしょうね。これらは、まぁ問題ないでしょう。

(※本ブログはYTやDAZNにある動画の実況リスニングが前提のため、お子さんや英語初級者向けではなく、ある程度は練度のある「英語中級~上級者向け」となっております…。)

 

逆に、スクリプトで出てくるなかではいくつかお役立ちになりそうな英単語が出てきておりまして:

 

What's keeping you?「何やってるの?(何に時間かかってるの?)」

ring road: 環状線、環状道路

We should have had a penalty!(仮定法過去完了のif節が省略されている形)「ペナルティが与えられてしかるべきだった!」(=与えられなかった)

I'm pulling into the car park now.「いま駐車するところ」pull in, pull over=(寄せて)駐車する、pull up=停車する(※後2者の違いはカランSt11でも出てきます)。

It goes wide of the post.「(シュートは)ポストの枠外に飛ぶ(飛んでいきました)」

 

ということで、このPodcastはリスニングの訓練になるいい教材ですね。

今回はeasyモードでしたが、どんどん難しくなったら、記事を書くのも大変そう…(ゴクリ)。

ま、気にせず続けていきましょう!