プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を分析しつつ、実況の英語表現について学びます(著者も勉強中!)

Podcast:「連勝街道」A winning streak

この回は、プレミアがインターナショナル・ウィークでお休みだったとのことで、女子リーグから材を取っています。

 

premierskillsenglish.britishcouncil.org

 

放送で取り上げられている6つのワードは以下:

1) winning run: 連勝街道。次も同じ意味です。


2) winning streak: 「streak」は縞、一続きの層のこと。この語で俺ちゃんはすぐ「ベーコンの筋」を連想します。


3) reigning Champions: 君臨しているチャンピオン、すなわちディフェンディング・チャンピオンのこと。

 

4) brush aside: 「掃いて横にどかす=簡単に片づける」。aside のほかに「away, off, out」といった副詞でもOKです。

 

5) a late Jane Ross ('s strike): 遅いゴール=終了間際のゴール


6) add gloss to the final result: gloss は艶。よって、日本のスポーツ用語では「試合に華を添えました」みたいな感じかな。

 

(2)以外は特に難しくないと思いますが、いかがでしょうか。

他にも面白い表現が出てきていました:

stay ahead of the pack:
集団から頭抜けている状態。「pack」は一団のこと。マラソンで先頭集団から一人抜けたシーンを連想すると、憶えやすい。

 

Manchester United thumped Tottenham 3-0 away from home:
「thump」は動詞で殴る、打つ。"ボコる"が最適かもしれません。

 

she helped the Blues inflict a first defeat of the season on Arsenal:
「inflict」は「(相手チームのアーセナルに)与える」意味。

 

今回はここまで。Have a premium week!!