プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

Podcast: 「一年の計」New Year's Resolution

単語resolution には「決意、決心、解決、決議案…」などいろいろな意味があります。ここでは新年の決意、すなわち一年の計のことです。では行ってみましょう~。

 

premierskillsenglish.britishcouncil.org

 

実は今回、単語として注目するのは以下くらいしかありません:

●buy in bulk: 大量に買う。イメージはコストコで買うイメージかな。

 

で、放送でのRichの発音が明らかに「バルク=[bˈʌlk(米国英語) ]」じゃない点。「ブルク」みたいに言ってますね。

 

単語レベルではそんな程度ですが、文法事項としては興味深い点を指摘しています。「be going to-」と「will」の違いです。

 

●1) I think I'll (Maybe I'll): 不確かな内容、予定。

 

●2) I am going to: 起こるであろうこと、やろうとしていること。くだけた口語では「gonna」となる。

 

●3) I'll: いま決めた。I will ではなく、短縮形で使われるとのこと。

 

●4) I 'WILL': 今後行いたいプランを強調するとき。口語的には自然な表現ではなく、「政治家的・ドラマティックな表現」と言っています。

 

どうやって統合的に把握し記憶しておくか、ですが、以下は俺ちゃん流解釈。


ご存知の通りwill は名詞で「意思」の意味があります。つまりwill は主観的であると。よって、主観の強さにより

 

「曖昧な希望」<「しようと今、思ったこと」<<「必ず行います!」

 

まで幅が出てくる。

 

他方、I am going to~ は文字通り「私は向かっている」と客観的。慣性の法則を想起させるように「もうそうゆう風になっちゃってるんだもんね~♪」という意味。

 

これでどうでしょうか?

 

◇◇◇

さて、最後のクイズコーナーですが、前回の回答の方は放送で間違えてますね。答えは

 

********* *******
christmas cracker 

 

しかありえません。あれっと思って調べたのですが、次の該当回の放送でも訂正してないし! 気にしないのがイングランド風?(笑)

 

今回の問いは「冬の移籍期間」を何と言う? です。1月のマーケットのことですね。

 

ではHave a premium weekend!