プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

Podcast:「マスコットと愛称」Mascots & Nicknames

フットボールチームのマスコットと愛称(の候補)をどう決めようか、という会話を通じて、「理由を述べるフレーズ」を勉強する回です。

 

premierskillsenglish.britishcouncil.org

 

とはいえ、本題のところは入門的な文法でしかなく、

理由を述べる方法:

1)that's why
2)because /because of

 これだけです。

 

2)のところの違いとして、because は「conjunction: 接続詞」、because of は「preposition: 前置詞」と説明されています。この英文法用語は憶えておきたいですね。

 

英文法用語としては他にも、

verb phrase: 動詞句
noun phrase: 名詞句

が出てきます。

 

さて、マスコットの動物名がいろいろ出てきて、こちらの方が勉強しがいがあります。記憶力の減退しつつあるオジサンとしては、これらをどう憶えるかは課題でして…。どうするかな。

colt: 仔馬(普通 4 歳までの雄馬)


ladybird: てんとうむし

 

badger: アナグマ

 

 

quake in the boots:「怖くて震える」。この言い回しには他にもいろいろなバリエーションがあるようです。 

Quake in one's boots | Definition of Quake in one's boots at Dictionary.com

 

ウェストハムの愛称は「Hammers」とともに「Irons」もある。

 

cluck: 雌鶏がコッコとなく

 

 

なお、「ルドロー」という都市名は架空かと思いきや、ウェールズにありますね。

https://en.wikipedia.org/wiki/Ludlow

 

◇◇◇

最後のクイズですが、今回のは簡単すぎますね。明らかに「giant-killing」。

で、前回のは難しくて、「(the) January transfer window」1月の移籍市場のことです。

 

では、Have a premium Tuesday!!