プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

Mini:「笛が鳴るまでプレイする」Play to the Whistle

2020年1月15日付で新企画「Mini Podcast」が開始されてます。どれも3~4分で、3つのレベル分けされた単語等を紹介するという簡易版。

 

初回は…とても初歩的な単語「Whistle」です。

 

podcasts.google.com

 

短いし、あまりに簡単なのでスキップしようかな…と思って聞いていたのですが、最後の方で重要なフレーズが出てきました!

 

play to the whistle」すなわち「笛が鳴るまでプレイする(プレイを続ける)」という意味です。

play to the whistleの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

昔、聞いていたプレミアチームの応援歌CDで、ある曲の冒頭に「Play to the refree!」といった部分があったのを思い出しました。

 

この「to」が曲者ですね。「~に向かって」ではないですね。これは以下の意味に沿ったものだと思います。

前置詞「to」10.c
[随伴を表わして] …に合わせて,…につれて.
dance to the music その音楽に合わせて踊る.

toの意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

また、今回の放送では「final whistle」も出てきました。もちろん試合終了のホイッスルのことですが、「聞いたら分かる」のと、「言いたい時にパッと出てくる」のは違いますよね。後者の方向性でも憶えておきましょう。

 

初級レベルでも勉強になる要素は多々ありますね~!

それでは、Have a premium time!