プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

Podcast:「調子が良い」In form

inform だと「知らせる」ですが、in form だと「良い状態にある」、つまり調子が良いということになります。

 

premierskillsenglish.britishcouncil.org

 

まずは、いつもの6キーワードです:

1) replay: FAカップで、初戦で決着が付かなかった場合、ホームを替えて2試合目が行われること。 

 

2) minnow:  コイ科の小魚で「ミノウ」ないし「ヒメハヤ」というらしいです。弱小チームのこと。対義語はbig fish

 

3) slump to defeat:「最近スランプで…」と日本語で言うときのスランプ。動詞では「倒れる、暴落する」といった意味です。よって文字通り、「倒れて負けた」となります。

 

4) in good/bad form: 冒頭の通り、調子が良い/悪い

 

5) former club: 以前の所属チーム。これは簡単ですね

 

6) restore a lead: リードを取り戻す

 

他にもいくつか気になる単語が!

thrash: 棒やむちで打つ。slash になると「ナイフでめった刺し」。お互いビミョーに似てるし、どちらも陰気な単語だし、嫌だなぁこうゆうの。

 

share the spoils: spoil は戦利品。よって、戦利品を分け合う=ドローで終わった、という意味になります。これはリスト掲載だな!

 

curled home: home がゴールを意味するのは何度か取り上げてきましたが、この組み合わせは再確認しておきたい。「カーブボールでゴールを決めた」意味になります。

 ◇◇◇

最後に「今週のベストゴール」。FAカップも候補に入ってます。

●1) Jason Cummings for Shrewsbury Town v Liverpool(FAカップ)

 

●2) Jay Rodriguez for Burnley v Manchester United

 

●3) Mohamed Besic for Sheffield United v Millwall(FAカップ)

 

これは(2)に間違いないですね。巧みなチームプレイからジェイ・ロドリゲスの左足ズドンがゴール左隅に突き刺さる!

 

premier.vrenglish.tokyo

 

 (1)の試合も面白いです。以下、10分と長いハイライトですが、プレミア欠乏症の方にはぜひおすすめしたい。2-2のきわどい試合! GK同士のスーパーセーブも。

 

 

※なお、再試合はまたも超絶オウンゴール(こちらはヘッド弾)により、1-0でヤングリバポが逃げ切り。

 

では、Have a premium Friday!!!