プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

第31節:ニューカッスル 1 - 1 アストン・ヴィラ【戦車疾走】

序盤のサン・マクシマン戦車の右サイド突破からの矢のようなセンタリング。半端ない。味方も追いつけないw 

 

 

試合は後半、ややあてずっぽうと思われる、右サイド・キャロからのセンタリング(その前のキープは見事)から、直前にミッチーとの交代で入ったばかりのゲイルが抜け出してシュート。

 

最後に右に持ち出す軽いタッチが最高ですね。DFは届きようもなく、あれで萎える。

 

しかし「終了まで7分」のところでCKからアルムハマディ(名前も顔も濃いなと思ったら、エジプト人選手ですね)が同点ヘッド。

 

ヴィラにとっては降格圏から抜け出せそうな希望が残る勝ち点1となりました。

 

英語表現としては「dispossess」が耳に残りました。大分以前にも出てきた単語ではありますが、ここでは「(ボールが)シェルビーに奪われた」と言ってますね。

 

英語「dispossess」の意味・使い方・読み方 | Weblio英和辞書

 

それにしても一単語のなかに「s」が多すぎでしょう。