プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

第31節:サウザンプトン 0 - 2 アーセナル【セインツ自粛ボケ】

 この試合はセインツGKマッカーシー、そしてDF陣の自粛ボケと糾弾されても致し方ないでしょう。

 

先制点の大ポカはもちろん、その後もDFのミス連発で最後は退場➡ゴール前FKと続きます。そしてGKのファンブル(強い球でしたが)、押し込まれ。

 

反対に、アーセナルGKのマルティネス(レノが前節負傷退場したので、本来はサブですね)がいい働き!

 

 

 

アーセナルは久しぶりに勝利。