プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

第32節:ワトフォード 1 - 3 サウザンプトン【ゴロ美】

完璧なシュートコース

 

イングスの先制点、美しいですね!

 

あの距離からだとワンバウンドしてGK取れない、というのは良くあると思うのですが、完全ゴロでコースが完璧だと、GKもあの姿になっちゃいますね。

 

妖の星ユダも口あんぐりの、まさに美弾と言えましょう。

 

ウォード・プラウズの3点目FKも、ものすごく曲がってます。GKの読みも完全に外れ。

 

他方、ワトフォードは降格圏の引力から抜け出せていません。

 

 

 

そのワトフォードが1点を返したオウンゴールのところ、「the cross was whipped in」と言ってます。「whip」はムチで打つ、急に動かす、といった動詞。

 

クロスが急に飛び込んできて、(DFに当たった…)という流れの実況ですね。

 

では、Have a premium day!!