プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

■推奨■第35節:トテナム 2 - 1 アーセナル【ラカゼット強烈弾】

 ソン・フンミン1G1A

 

 

 

放送で右サイドにあたるゴール側、向かって左角の隅が両軍1本ずつの決定機を阻止するという、なかなか珍しい試合!

 

ラカゼットの先制弾は凄いね。これもDFオーリエによるミスがらみですが、オーバー師匠が奪って繋ぎ、最後は右足でズドンとロリスのニアをぶち抜いています。球速はどのくらいでしょうか。130km/hとか平気で出てそう…。

 

アーセナルもミスをして(今回はダヴィド・ルイスのせいじゃない!)、ソン・フンミンにループ気味に決められてしまいます。

 

ソンも久しぶりの得点。調べてみたら、再開後は初得点でした。その後、CKから1アシストを追加し活躍しました。

 

さて先制点のシーンですが、CCないので自分の耳が頼り(笑):

Lacazette will drive it!

 

と言っていると思います。「ラカゼットが撃つぞ!」なのでしょうが、drive をこう使うのか。

 

そしてゴール隅を叩いた1回目:

and it rattled into the bar! 

 

以前もやりましたが、またしてもrattle が出ました。がたがた言わす、強振する。

 

では、お疲れ様でした!