プレミアリーグの英語表現

イングランド・プレミアリーグの試合を楽しみつつ、実況の高速英語を理解するリスニング能力を養成!

第37節:ボーンマウス 0 - 2 サウザンプトン【ほぼ降格決定】

「バター付きのパン」は失敗!

 

 

 

ワトフォードの試合がこの後に残っていますが、ボーンマウスはほぼ降格決定となってしまいました。

 

GKラムスデール、FWのダブル・ウィルソン、MFビリングと、惜しい人材をプレミアから失うことになるのでしょうか。それとも、ビッグクラブ引き抜きもあるでしょうか。

 

状況は若干異なりますが、2得点とも、やや密集の中で「交わして、右足ズドン」がサイドネットに収まるという、似たような展開でした。

 

さて、イングスがPKを「ソフトに」打ってしまい失敗したシーン。

 

It was bread and butter for him!!

 

これ、最初何言っているか聞き取れず、CCもないので、再生し直して判明。意外ですが面白い表現です!!

 

bread and butter とは 意味・読み方・表現 | Weblio英和辞書

 

で、意味ですが

・バター付きのパン

・常食(日常の食べ物)、日々の糧

 

に選択肢を絞ると、これは「バター付きのパン=美味しいチャンス」という意味ではないかと。

 

というのも、公式を調べたところ、今シーズン21ゴールのうち、PKは0だったので。つまり、「いつも通りならイングスが決める」(常食=普段通り食べてる)ではなく、「目の前にぶら下げられた、美味しい22得点目のチャンス」を逃した…と解釈します。

 

では、次も行ってみよう~。